Archive [2009年09月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

相模灘をみてきました。

清酒『相模灘』の久保田酒造さんへ行ってきました。今回は、経堂、恵比寿、中目黒、横浜の飲食店さんと一緒に蔵見学をしてきました。まだ、造りが始まっているわけではないのですが、実際に蔵元をみると勉強になることが多いですね。蔵見学が初めての方も多かったので、丁寧に説明をしていただきました。マニアックな部分もありましたが・・・。晃さんの熱意がひしひしと伝わってきました。お酒も春先に飲んだ時と比べていい具合に...

島根の酒の会のご案内!!

お酒の会のご案内です。10月1日は『日本酒の日』ということで、お酒の会をいろいろと計画しております。まず、最初に行うのが、10月11日(日)の島根の酒の会です。当店の卒業生である李白酒造の田中裕一郎氏、富士酒造の今岡稔晶氏を迎えての会です。ちなみに二人とも今年結婚したおめでたコンビです。この会は、通常の当店のお酒の会とは異なり、代々木にある飲食店『よよぎあん』さんにて行います。『よよぎあん』さんの住所へG...

DOOR TO DOOR 僕は脳性まひのトップセールスマン

昨日はオフで久々にのんびりと、テレビをぼけっと見ていたら再放送でこんなドラマがやっていました。DOOR TO DOOR 僕は脳性まひのトップセールスマン涙腺弱い方で、あっさりやられてしまいました主人公すげ~。籠屋の御用聞き論のまさに完成形です。彼こそ本当のトップセールスマンです。嵐の二ノ宮君も演技上手いし・・・実話を基にしたストーリーみたいなので、今度原作の きっと「イエス」と言ってもらえる 買ってみよっと!...

日本酒セミナー

飲食店様への勉強会として日本酒セミナーを行いました!総勢70名を超える飲食店様に来て頂きました。皆様お忙しい中ありがとうございます。第1部は「日高見」平井先生による『日本酒の基本』造りのこと、ラベルの見方、日本酒のややこしいところを優しく解説して頂きました!45分間でしたが、しゃべり足りなそうな平井さんでした第2部は「貴」永山先生による『酒造好適米について』知っているようで、知らないお米の話。質問...

地酒の会 祝 第100回!

久しぶりのブログとなってしまいました・・・地酒の会の準備でバタバタしてまして・・・こんなこと言ってると、ブログ師匠に怒られちゃいますね師匠は造りの忙しい時でも、深夜2時まで起きてブログを書いているそうです。さてさて何とか「第100回 美味しい地酒を楽しむ会」無事終了!いや~~~熱かった!本当に感謝感謝です本当にたくさんのお客様、蔵元様に支えて頂いているのだなと再確認しました。人数が多くなり急遽二つ...

第100回 地酒の会案内

ありがとうございます。おかげさまでチケットは完売いたしました。■熱き醸造家たちが醸す情熱の酒を味わう会  2009年9月13日(日) 17:00~19:00場所:調布クレストンホテル会費 5000円完売 定員200名参加蔵元三浦酒造、菊駒酒造、南部美人、亀の井酒造、楯の川酒造、大沼酒造店、平孝酒造、国権酒造、鈴木酒造店、宮尾酒造、菊の里酒造、土井酒造、青島酒造、宮島酒店、長生社、白木恒助商店、車多酒造、藤岡酒造、李白酒...

第1回 料理と焼酎の研究会 「食事と焼酎の楽しみ方」

金羊社『焼酎楽園』さん主催の第1回 料理と焼酎の研究会 「食事と焼酎の楽しみ方」に参加してきました!食事と焼酎の食べ合わせについては、西吉田酒造(つくし、釈云麦)の吉田恭子先生に解説して頂きました。元調理学校の先生で、麦焼酎の蔵元という素晴らしい経歴の持ち主です。美味しそうでしょう!水割り、お湯割りいろいろ試しながら、良い経験になりました。料理を作って頂いたのは 三軒茶屋 夕(せき)の店主 川久保...

第100回 地酒の会

9月13日!第100回 熱き醸造家たちが醸す情熱の酒を味わう会菊駒、達磨正宗参戦決定!残念ながら、獅子の里さんが都合により出れなくなってしまいました。申し訳ございません。チケットばんばん売れております!売り切れ間近です!そんでもって・・・大変申し訳ございませんが、スタッフ総動員のため9月13日は休業とさせて頂きます。ご理解、ご協力宜しくお願い致します。人気ブログランキングへ!クリックお願いします!...

左サイドMenu

最新記事

プロフィール

KAGOYA

Author:KAGOYA
東京都狛江市にある地酒専門店「籠屋」です。美味しいお酒で笑顔を醸すことをモットーに励んでおります。このブログでは商品情報ではなく、籠屋のことや、蔵元さんのこと、お酒に関することを楽しく書いて行きたいと考えております。どうぞ宜しくお願い致します。

FC2カウンター

籠屋ツイート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。