Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蔵元さん必見!これから売れる酒③

さてさて第三弾です。

モデル系日本酒が売れてる時ふと気づいた蔵元さんがいました。

確かにお酒として目立つし、美味しい。
でもお酒(女性)が目立ちすぎて料理(男性)が活きてこない・・・

もっと料理(男性)とお酒(女性)寄り添った方がいいのではないか・・・

そこで誕生したのが、THE食中酒タイプ。
takaanddaina.jpg
貴、大那のようなお酒ですね。
けっして派手な香りは立たせず、やわらかい旨味のバランス良い味わい。控えめな味わいかと思いつつ、しっかりと存在感はある。そして幅広い料理とも不思議と合ってしまう。まさに料理とお酒の二人三脚。

THE食中酒タイプ=気立ての良い綺麗な奥様タイプ

モデルと付き合うのは高嶺の花で一生(一升)付き合うのは大変だけど、こんな奥様だったら一生(一升)付き合えるってね!上手い!

かと言って勘違いして頂きなくないのが、フルーティータイプが料理と極端に合いにくい事はありません。他の酒類に比べると日本酒はいろんな料理と良く合います。マニアックで極端な表現をしておりますので悪しからず・・・

ちなみにブログ師匠の信濃鶴さんは、「モデル系」と「綺麗な奥様」を足して2で割った素晴らしい味わいだと私は思っております。皆様ぜひお試しを!!!

師匠どうでしょう?

人気ブログランキングへ
クリックお願いします。
明日はいよいよラスト。これから・・・いや売れ始めているお酒です。

*Comment

遅れました 

うーん、ここで師匠にされているとは・・・(笑)。
今回のシリーズはかなり意欲的な日本酒タイプ分けの試みですね。
こういう思い入れたっぷりの試論の場合には、どれくらいの人に共感してもらえるのかが大事でしょうね。
信濃鶴に関しては、チト褒めすぎです(笑)。
いずれにしても、一度飲んでみないと分らないっていうことになりますかねぇ。
  • posted by 岳志 
  • URL 
  • 2010.09/26 16:46分 
  • [Edit]

NoTitle 

中々共感してもらえる人は少ないでしょう(笑)
いつかわかってくれるひとが増えれば・・・

六日宜しくお願いします!
  • posted by タイチ 
  • URL 
  • 2010.10/05 00:38分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2010.10/13 22:29分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

最新記事

プロフィール

KAGOYA

Author:KAGOYA
東京都狛江市にある地酒専門店「籠屋」です。美味しいお酒で笑顔を醸すことをモットーに励んでおります。このブログでは商品情報ではなく、籠屋のことや、蔵元さんのこと、お酒に関することを楽しく書いて行きたいと考えております。どうぞ宜しくお願い致します。

FC2カウンター

籠屋ツイート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。