Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も大変お世話になりました!

ようやく店の大掃除が終わりそうです・・・

今年も大変お世話になりました。

ブログを読んで頂いている皆様、お付き合い頂きありがとうございます。

今年も一年あっという間でした。

あっという間と思いながらブログを読み返してみると、いろいろありましたね(汗)

地方の蔵元さんへ勉強に行ったり、いろんな飲食店さんへ行ったり、勉強会やったり、お酒の会やったり、蔵元さん飲食店さんとガチンコ討論会やったり、AKBに会ったり、亮二が笑っていいとものオーディションに落ちたり、入院したり、トラが全国デビューしたり・・・

まだまだやれる事、やりたい事はたくさんあります!
来年もたくさん動いて、業界に対して良いアクションを起こせたらと考えています。

そして業界を変えて行く!

日本酒を飲もうと思ったら身近にあるのがパック酒。
『新世代日本酒が旨い』を書かれた、かざまりんぺい先生の言葉にとても良い表現がありました。
パック酒は上級者のお酒。
でも身近にあるパック酒を日本酒初心者の方が出会う確立は非常に高く、それを飲んで日本酒は苦手という方がほとんど。

そして焼酎の場合は甲類焼酎(厳密には連続蒸留焼酎)。
ウーロン茶で割ったり、梅干入れたり、とりあえず飲みやすくただ酔えればいい酒。

そうすると、一気飲みして急性アルコール中毒や、飲酒運転、喧嘩などなど、アルコールにまつわる嫌な事がたくさん起きる可能性が高いと思っております。

前にも書いたことがありますが。
酒の十徳

特に美味しい地酒には人と人を結ぶ良さが強くあります。
インターネットの普及で疎遠社会となってしまった日本を変える力が地酒にはあると思います。
地酒は明日をダメにするのではなく、明日を元気に過ごすために造られています!

文化があり、人の心があり、世界に誇れる和酒がもっと国内で消費されるように変えていきたいと思います!

打倒大手ビールメーカー、打倒パック酒メーカー、打倒甲類焼酎メーカーです!


小さな魚の集まりが大きな魚に勝つ絵本「スイミー」のように、地酒に関わった仕事をしている方々、地酒が大好きな方々、みんなで一致団結して業界を盛り上げていきましょう!

そしてスイミーの話にはもう一つの意味合いがあります。

コチラを読んでくださいね!

酒屋という仕事は代々家業として継がれてきたものです。
血縁関係でない私がこうして籠屋の店長として私が働くことができ、スタッフが働くことができるのも、社長、女将さんが頑張ってきてくれたおかげでもあります。

そして、来年4月より新入社員が二人入る予定です。

家業でない人達がこの業界に入り、新しい視点、新しい発想でどんどん盛り上げていけるようにしていきたい!というのも業界を変えたい想いの一つであります。(そのためにはたくさんお酒売らなきゃ♪皆様買って下さい飲んでください)

スイミーの話のもう一つの意味合いのように、業界の黒い目に籠屋スタッフがなれるよう、来年もみんなで頑張っていきたいと思います!(これはスタッフへのメッセージも込めて)

来年もお酒にまつわる楽しい事、真面目な事、皆様に少しでも伝わるように、ブログを書いていきたいと思いますので、どうぞお付き合い宜しくお願い致します。

それでは皆様、美味しいお酒で良いお年を!

日本の酒で乾杯!
人気ブログランキングへ

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

最新記事

プロフィール

KAGOYA

Author:KAGOYA
東京都狛江市にある地酒専門店「籠屋」です。美味しいお酒で笑顔を醸すことをモットーに励んでおります。このブログでは商品情報ではなく、籠屋のことや、蔵元さんのこと、お酒に関することを楽しく書いて行きたいと考えております。どうぞ宜しくお願い致します。

FC2カウンター

籠屋ツイート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。