Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セールスマンの道 vol.419 アゴの骨酒

コンニチハです!

ホントに刻が過ぎるのが早く感じるようになりました。
今日で早くも1月が終わろうとしております。ついこないだ年末で大忙しだったり、年明けで初詣行ったりしていたような気がするのですが...(汗)
一日一日がすごい早いです!


さて、昨日は水曜日、新宿配達の日だったわけですけれども、ある料飲店さんで珍しいものを見させていただきました!

見させていただいたと言っても本物を見たわけではないのですが、「アゴの骨酒」というもの。
私塩川、「骨酒」という単語を聞くのもその時が初めてだったので、「?」が頭に浮かんでしまったのですが知っている人は知っている日本酒の飲み方だそうで。

魚の骨を炙って燗酒に浸して飲む「ひれ酒」に似たようなものらしく、地方によっては炙った魚本体を浸すところもあるのだとか。
その料飲店さんでは魚を身がある状態で、さらに「アゴ」=トビウオで骨酒を提案しているのだそうで、結構人気があるのだそうです!

ちなみに、骨酒によくつかわれる魚は"岩魚"や"鮎"の川魚が多く、"トビウオ"を使用しているのは珍しいのだとか!
身も浸す骨酒の場合、飲み終わった徳利にお酒でフヤフヤになった身が残るそうで、それも食べると美味なんだそうです!

お酒に漬けて飲むといえば「ひれ酒」か「しゃけとば」しか知らなかったので、ものすごく興味をひかれてしまいまして、配達中でなければ「とりあえず一杯」とひっかけたかったくらい!
この時期にしかやっていないということなので、シーズンが終わるまでにはかならずや飲みに行こうと誓ったわけですが、どんな味わいなのか今から楽しみなんですよ!

そこら辺はまた飲みに行きましたらご報告させていただきたいと思いますので、近日中にできるのではと思っております!


それでは今日はこの辺で、塩川でしたm(_ _)m

あともうひとつ。
明日の2月から「ひとり歩き」「摩無志」の古澤酒造さんと、「万齢」の小松酒造さんのお酒の値段が上がります。
原油代高騰やら色々な理由があるのですが、本日まで改定前の価格で販売となりますので古澤酒造ファン・小松酒造ファンの方は本日中に買いだめすることをオススメ致します!

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

最新記事

プロフィール

KAGOYA

Author:KAGOYA
東京都狛江市にある地酒専門店「籠屋」です。美味しいお酒で笑顔を醸すことをモットーに励んでおります。このブログでは商品情報ではなく、籠屋のことや、蔵元さんのこと、お酒に関することを楽しく書いて行きたいと考えております。どうぞ宜しくお願い致します。

FC2カウンター

籠屋ツイート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。